月刊「大演説」

4月29日(祝)朝起会。リモートにて。

土曜日, 5月 1st, 2021

私は、浦上忠文でございます。

今日は、4月29日。
昭和の頃は「天皇誕生日」。
平成になって、「みどりの日」になりました。

20年ほど前に祝日法の改正があり、「昭和の日」になりました。
「みどりの日」は、5月4日におさまって、三連休の礎になっております。
目出度いことであります。

また20年ほど前から、4月29日が、朝起会、実践倫理宏正会の創立記念の日となっております。
実は、宏正会の実際の創立記念日は5月3日でありますが、先代会長先生が、ゴールデンウイークの中ほどが創立記念日だと、出にくい方もおられるのではないかと、ゴールデンウイークの先頭に持って来られたのであります。

今年は創立75周年の節目の年であります。
コロナがなければ、東京九段の国立武道館で記念式典が行われていたのでありますが、記念式典は来年に延期となりました。

私は、選ばれて、60周年から、70周年まで3回、参加させて頂いております。
新幹線の旅、東京での宿、ホテルと行き来のバス、武道館の座席などなど、お世話係の苦労はいかばかりかと、いつも思います。
ありがたいことであります。

「良いか、行って帰るまでが式典やで!おとなしくしてるんやで」と、先輩会員から指導されますが、そこは大人の世界のことです。
指導されております先輩が、「浦上くん、ちょっと座れ」と、新幹線の座席でお茶のペットボトルから、ウイスキーの水割りを頂いたこともありました。

とりわけ印象深いのは、平成18年、2006年の60周年記念大会であります。
式典には小泉純一郎総理大臣を始め、大臣、大方の自民党幹部が揃っております。

小泉総理は。江戸時代末期の歌人、橘あけみの歌から「楽しみはまれに魚煮て子らとみな旨し旨しと言いて食うとき」を引いて、世の中はそんなもんじゃないか。
家庭の楽しみは、こんなささやかなもんですよ!と語られました。

それを聞いて、森 喜朗元総理が「びっくりしたなあ。感動したなあ。
クールで、言葉が短くて少ない。と批判されている小泉君でも、こんなあったかいところがあったのだなあ。
いやあ感動した」
と笑って話されました。

それから15年たちますが、この小泉さんと森さんとのやり取りは、忘れることがありません。
表面だけを見ていると、小泉さんは冷徹な人でしたが、温かい血も流れていたんですなあ。

人間は、みんな良い人なんや!
改めて、倫理立国の道を歩もうと決意する創立記念日であります。

喜んで進んで働きます。
ありがとうございました。


神戸市会議員 浦上忠文
E-mail: tadafumi@uragami.jp
http://www.uragami.jp/