文ちゃんのひとりごと 2022.5

日曜日, 5月 1st, 2022
4/17 西神中央駅前 うらがみ忠文

去年のお盆明けに右の膝のお皿を骨折し、その後滑舌が悪くなったり、右目の動脈の調子が悪くなったりして調子を崩していました。

食欲も無くなり、4キロほど痩せていました。

 

それが、3月ぐらいから調子が上がり、食欲も旺盛で、朝から食パンを3切れ食べ、4切れ目は押さえています(笑)

もともと酒飲みでしたが、骨折以来、飲む気も起こりませんでした。それが、最近では、ちょい居酒屋に寄りたい!と言う気持ちが、もりもりわき上がってきました。

体重も、前より2キログラム増えて57キロです。

 

会合への外出は控えていたのですが、先日の朝は、20年来の会員で、ここ数年は皆勤だった「倫理法人会」の大阪尼崎支部の集まりに参加しました。

朝、6時半から始まります。

その中で、講師の方の講話があります。35分程度です。

 

その日の講師は、沖縄の文房具会社の社長さんでした。

東京でコクヨという会社に入り、毎日、飛び込み営業をしていたそうです。

殆どの会社では「アポは取ってますか」と、冷たくあしらわれたそうです。

それでも中には「いらっしゃいませ」と、にこやかに対応してくれる会社もあった(笑)どれだけ幸せな気持ちになったか!

人生は、人を喜ばすためにある。

「アンパンマン人生」を送ろう!

という話でした。

しんどかったけど、会合に来てよかったなあ、という嬉しい気持ちになりました。

ありがたいことです。

 

ありがたい話を聞くと。からだが元気になります。夢と勇気が湧いてきます。

沖縄の講師のように、ありがたい話をいっぱい出来る市会議員を目指そうと決意しました。

 

【そこで、今月のひとりごと】

ありがたい話を聞くと、怖いものが無くなります。

人前で話す心と技を、もっともっと磨こう!。


神戸市会議員 浦上忠文
E-mail: tadafumi@uragami.jp
http://www.uragami.jp/