文ちゃんのひとりごと 2021.08

月曜日, 8月 2nd, 2021

神戸市会議員暮らしも、27年目に入ってきました。

49歳から始めて、今、75歳です。

立場は、ずっと「無所属・無党派」

訴えることは、一貫して「お互い様精神」。

市民どうし、市民と市役所は「お互い様」で助け合おう!

殆どの時期が、一匹狼であります。

 

それは、会議嫌いということが影響しています。

わがままというわけではありません。

人の意見を聞くことは大好きですが、決められた時間に集って、さほど興味の無い問題の内容を聞かされるのは苦痛であります。

大丸のサラリーマン時代から、会議は嫌いでした。

 

2年前の選挙終了後、5人で会派を創ろう!と、旧知のふたりの市議から誘われました。

その選挙で、心の優しい市民に目の向いたふたりが当選してきていたのでした。

5人集れば、「交渉会派」といって、議会運営まで口が出せます。

代表者会議で、でっかい会派と同等に意見が言えます。

悪くないなあ!

メンバーも、リベラルな方たちばかりだから、会議嫌いも我慢しようではないか(笑)

 

ということで「つなぐ」という会派が出来ました。

市民の願いを、市役所に「つなぐ」という意味で、会派名も悪くないと自負しています。

 

このたび「つなぐ・神戸市会議員団」という新聞のようなものを創りました。

写真は、それに掲載されている「浦上忠文、本会議場で吠える」の場面であります!

 

【そこで、今月のひとりごと】

5人で会派を創ると欲が出てきます。

8人になると、議案が提出できます。あと3人!やらいでか!


神戸市会議員 浦上忠文
E-mail: tadafumi@uragami.jp
http://www.uragami.jp/