文ちゃんのひとりごと 2022.11

火曜日, 11月 1st, 2022
令和 4年 第2回定例市会【9月議会】一般質問(10月25日) うらがみ忠文

10月の議会では、本会議場で一般質問を行いました。

議会では、当局の提出してくる議案に対して、質疑というものが行われるのが一般的な出来事です。

 

それに対して、一般質問というのは、議案に関係しようがしまいが、市政全般について、市長の考えあれこれについて、自分の考えを提案し、あれこれ議論を試みるものです。

また、神戸市職員の皆様や、市会議員の皆様に「私の考え」を聞いて頂く機会でもあります。

 

一人会派の時は、議案質疑も、一般質問も、定例議会が開催されるたびに行っていましたが、今は「つなぐ」という5人会派に属していますので、本会議壇上に登壇することはなかなか難問であります。

それでも、このたびの10月議会は、前々から「やらして下さい」と、注文を付けていました。

めでたく、会派のメンバーの許可が出ました。

 

一度、本会議壇上で「皆さんは人生の目標がありますか。私には、たったひとつあります。それは、世界中から貧乏な人が、ひとりでもすくなくなることです」と、市長を始め市役所の職員の皆様と市会議員の皆様に、大声で話しかけたかったからです。

あわせて、貧困対策の一部にも触れたいと考えていました。

 

ちょうど1年前に右膝を骨折して以来、体調に勢いが無く、滑舌がなぜか、はっきりしない時期があったのですが、今秋は、身体の調子も良く、でっかい声で、滑らかに元気に話すことが出来ました。

ほとんど、用意してあるメモを見ること無く、始めの演説と市長さんとの議論を重ねることが出来ました。

まことに感謝であります。

質問のすべては、動画でご覧下さい。今月の「月刊」大演説のページ{ここをクリック}にアドレスがあります。

 

【そこで、今月のひとりごと】

やれば出来る!大感謝です


神戸市会議員 浦上忠文
E-mail: tadafumi@uragami.jp
http://www.uragami.jp/