文ちゃんのひとりごと 2021.05

土曜日, 5月 1st, 2021

4月25日で、満75歳になりました。
目出度いなあ!と、喜んでいます。

明治42年生まれの父は58歳で亡くなりました。
その父、祖父は、明治9年生まれで90歳まで生きました。

58歳の父は、おまけして60歳として、
(60+90)÷2=75
という算式を50年ほど前に作り、75歳の寿命目標を決めていたのであります。

それが達成できて、目出度いというわけであります。

あとは、一日一日がおまけ!
世の中に役立つことをこつこつこつこつやろうと決意しています。

男性の平均寿命は、確か81歳ぐらいでなかったか。
75歳まで達すると、平均余命は8歳ぐらいだと思います。
83歳まで生きられる可能性があるというものです。

その前に健康寿命というものがありまして、男性のそれは73歳ぐらいでなかったか!
医者にかかれば、健康寿命に入ります。
厚生労働省も忙しいことです(笑)

厚生労働省は、健康診断をすすめます。
私はそれが嫌いで、年にいちど、受けさせられますが、結果の表は、見るだけでおしまいです。
医者に行きません。

健診が好きで、病院が好きな友だちもおります。
人間は、色々です。

90歳まで生きたわが祖父は、医者で85歳まで診察をしておりましたが、「病気は、自分で治すもの」「精神は人間、身体は動物」が口癖でした。
大いに、同感しておるのです。

写真は、いちばん元気な親友と。
2年前の7回目の選挙のスナップですあります。

【そこで、今月のひとりごと】

75歳で死んだことにして、ひとりで葬儀をあげておきます。
後は第二の人生。楽しむぞ!

 


神戸市会議員 浦上忠文
E-mail: tadafumi@uragami.jp
http://www.uragami.jp/