夏休みの「自由研究」!

中学生の自由研究で、興味深い話を聞きました。太宰治

の小説で「走れメロス」というものがあります。

小説に現れている景色や時間の移り変わりを綿密に調べ

ると、走る必要はないどころか歩いても早すぎる(笑)

という結果の研究が話題になっているそうです。

 

自由研究は、1、なんでそれを研究しようと思ったか。

2、研究のテーマ。3、研究した方法。4、研究結果。

5、感想。6、研究に使った本やデータ。

を、きちんと書くのが基本だそうです。

 

研究と言えば、大学生の頃に教授から聞いた話ですが、

昭和16年に政府に「総力戦研究所」というプロジェク

トが出来て、若手官僚が全力を挙げて研究した結果、

「どんなにがんばって戦っても、アメリカには絶対勝て

ない!」という結果を報告したそうです。

 

それを、陸軍大臣の東条さんは、「戦には、理屈では表

せない要素もある」?と述べて、その報告を隠してしま

ったそうです。ひどい話ですなあ!

 

この夏休み、私はわが総力を挙げて、「神戸をもっとも

っと元気にする道!を研究しようと決意しています!

神戸市会議員 浦上忠文