解散!

多少、政治に関心のある方は、この春から安倍総理が、

衆議院を解散するかどうかが話題になっていたことをご

存知だと思います。

 

安倍総理が勝手に「解散権」をもてあそぶことに、私は、

日本の政治もここまで劣化したことを情けなく思ってい

ました。

 

今日発売の「文藝春秋」誌に、自民党の石破茂さんが

「分断をあおるような政治手法は間違っている」として、

こういう文章を書いておられます。

 

解散できるのは、憲法69条の「内閣不信任案の可決。

又は信任案の否決」

あとは、憲法7条による解散というものがあります。

ですが、これは、天皇陛下にお願いして解散するという

ものですが、これは予算案など重要法案が否決されたと

きにかぎるもので、勝手に総理が決めて良いものではな

いという見解です。

その他「石破論」なかなかのものです(笑)

 

まったくもって同感ですし、そうでないと、責任をもっ

て与党や野党が議論することも出来ません!

 

解散やら離婚は、そりゃ責任をもって望む、厳しくも熱

いものです!

感謝、感謝!

神戸市会議員 浦上忠文

Comments are closed.